ウェビナー受講|知識をつけてIT業界の即戦力になる

IT

概要内容を知る

システム

これまでのタクトシステムズ

タクトシステムズとは、タクトシステムズ株式会社です。事業内容としましては、業務用アプリケーションシステムの開発、パッケージソフトの販売・技術のコンサルティングです。設立が、1986年で資本金は4800万円です。東京で創業され、RDBMSのカーネル部分の日本語化を試みました。1990年4月には、Unifaceという形態やWebで動作できるエンタープライズアプリケーションを開発と実行が出来るプラットホームを日本で販売開始しました。その後大阪に事業所を設立し、株式会社NTTデータとパートナー契約を行いました。ポーランド株式会社とJavaビジネスを展開させます。その後にも事業は拡大し、名古屋事業所も出来ました。

これからの会社の動向

タクトシステムズは次々と進化するIT業界をすぐに把握し、適切なサービスを提供するためには人だけではなく、社会全体・時代とコミュニケーションが重要だと考えています。 タクトシステムズは様々な高品質システムを取り組んでいます。CMMIとは、ソフトウェアプロセスの評価・改善のための方法論のことです。レベル5までの段階があり、個人や部門はレベル2までで行い、それ以上は、組織全体でプロセスを考えていくという方法です。これによって改善工程や尺度が提供されますので、世界中で活用されています。 CCPMは、制約条件の理論を発展させたプロジェクトのことです。計画、実行という項目に分かれています。これによって開発期間を大幅に短縮できます。